« 0203Face | Main | 2月6日の一輪挿し »

February 04, 2014

2013年6月の個展『名もなき花たちへ』より

Life cast Art by Shu Konishi

人体の持つリアリティーが時に、インモラルなエロティシズムを想起させるのだが、
これは生命の根源を象徴する形なのだ。
鑑賞作品としての資質はもとより、それを使って「育てる」ことによって、喜びに至る事が出来れば、それは真の到達点と言えよう。
作品とより濃密な時を過ごすための唯一の方法は所有して使うことだ。
見せかけだけの美しさを超えた真のフェティシズムと自然への情念は、この作品に内在する真の魅力であり表現のありかたである。
(RECTO VERSO GALLERY様の紹介文より引用)

Kaki(一輪挿し)
等身大サイズ
セメント
ファスナー

2013年6月@レクトバーソギャラリー
0204misarect1

Shu Konishi作品集
http://shu-konishi.way-nifty.com/photos/object/

|

« 0203Face | Main | 2月6日の一輪挿し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 0203Face | Main | 2月6日の一輪挿し »