« July 2006 | Main | September 2006 »

August 31, 2006

悪魔の製造及び使用について その2

私は『核兵器の製造及び保有、及び過去に使用した事、及び直ぐにも使用できるよう準備している事』
に反対します。

0830usababy1ok2

0831art1
0831artbaby1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2006

今日の特殊メイクセミナー

シュウ特殊メイクセミナー
やっと終了、、
無事フォームラテックスマスクが出来上がりました。
オーブンから出したところです、
うまく焼けました。

Shu Special Make-up Seminar
http://homepage2.nifty.com/atelier-shu/


0827art364
0827art76
P1098d
P1010ae1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

心象風景 その2

今日の特殊メイクセミナーはまだ終わりそうにないので
また心象風景を創りました。

今日の授業はフォーム焼きです。
遅れている人はまだ原型製作をやっています。

P10105501
P10105521
P10105511
0827art2kid
0827art3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

心象風景

夏の終わりに、、
『心』の風景を表してみました。

0826art1az
0822art3
0823art8

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2006

美しい日本へ

安部晋三の著書『美しい日本へ』、最近わざとらしく言い出してきた『愛国心』、
何かと話題の『靖国』、、等、
多くの国民に支持されればされるほど『暗い気分』になる。
そんな『暗い気分』を画像で表してみました。

タイトル『憂鬱』

0823art34
0824arthamamoto
0823art6

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2006

陰と陽

受講生原型のモールド(雌型)を撮影した画像。
ネガの形体なのに影をつけるとポジの形体に見えるて、不思議な表情である。

0822art7
0823art5


白い立体物は意味無く遊んでみましたが、
密教の道具のように見えてしまう?

0823art2df

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2006

石膏とシリコンラバー

特殊メイク、特殊造型においては石膏とシリコンはとても重要な材料である。
毎日のように扱っている材料で、主にモールド(雌型)製作時に使用、比較的簡単に扱えます。
シリコンはイロイロ種類が販売されていて最近は型取りだけではなく人口皮膚用として使用される場合が増えてきている。
どちらの材料も造型職人にとっては無くてはならない材料である。

シュウ特殊メイクセミナー
只今10月期受講生募集中!
Shu Special Make-up Seminar
http://homepage2.nifty.com/atelier-shu/

お尻みたいなオブジェはシリコンでモールド(雌型)を製作しているところです。
(オブジェはセミナー実習とは関係ありません)

0821art1
0821art2
0822art2as

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2006

悪魔の製造及び使用について

私は『生物化学大量破壊兵器の製造及び使用』に反対します。

0812art2
0818art2
0816art4a

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 20, 2006

雌型製作

シュウ特殊メイクセミナー
今日の授業は石膏による雌型製作(石膏モールド)でした。
PM9終了。
いよいよ来週は自分たちでフォームラテックス成型、
特殊メイク用ラバーの製作である。
ここまで出来れば特殊メイクの技術も80%マスターしたことになる。

10月期受講生募集中!
Shu Special Make-up Seminar
http://homepage2.nifty.com/atelier-shu/


0820art1
P10106241


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2006

サマーカード

まだまだ暑い日が続きますが
お体には十分気をつけて頑張ってください。

『季節はずれの蛍』シリーズも3年目を迎えました。
来年からのサマーカードはライフキャストアート新シリーズで臨めたらと考えています。

私の作品は男性バージョンが極めて少ないのでそちらの方向も視野に入れて
現在試行錯誤真っ只中であります。


0818card1a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2006

シュールレアリスム その2

総理の靖国参拝は世論調査によると賛成のほうが多いらしい。
合理的判断、検証より『心』の判断に重点を置く、時代遅れのシュールレアリスムを好む国民らしい。

やはり、わが国は『神の国(超現実主義)』であることはマチガイナイ。

『コレって、チョーすごくねー』の国である。

『靖国』をイメージして画像をつくってみましたが、、


0816art5
0816art3gf

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2006

平成と1945

日常(平和)と歴史(非日常)を並べてみる。

原子爆弾を落とした方はアノ戦争を早く終わらせるために原爆使用はよかったことであると、毎年日本の報道に応えている。

水面下で戦争を終わらす交渉をしている最中に、原爆を落とし、しかも2発も、早く戦争を終わらせるためにたくさんの民間人を殺して終わらす、という理屈は成立しない。

わが国の総理は靖国のことで、『心の問題』と口にしているが、アメリカによる原爆投下とそれによって殺された日本人および後遺症に苦しむ人たちを含む日本国の国民の『心の問題』もふくまれているのだろうか。

報道も原爆を投下されたのはどうなのか、実際に落としたB29操縦士の口からそのときの感想を毎年毎年言わせて、なんとなくそんな空気(心)を植えつけるようなことをしないで、被爆国としてのジャーナリズムの視点に立ち報道するべきである。被害にあった悲惨な状況、被爆者の方の感想などの報道はあるが、原子爆弾投下の経緯と意味、善悪の総括を、ジャーナリズム(国民の側に立った視点、政治的意図ではなく)は報道すべきである。

まともなジャーナリズムが育てば『心の問題』も『日本人のプライド』も取り戻せると思う。

0815art10
0816art1
0815art7


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2006

湘南ビーチ

茅ヶ崎駅近くのPに車を止め駅から海岸までまっすぐ伸びた雄三通りを歩いていきました。
あのサザンの桑田さんが育った街である。
2006.8.14 晴れ

0815art2
0815art9a
0815art1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2006

玉音放送

1945年8月15日正午、国民に向けて放送されました。
その瞬間国民の世界観が180度変わったことでしょう?

08142
08143
08141

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2006

『靖国』の森

『靖国』
総理大臣によれば『心』の問題だとする8月15日がもうすぐ来ます。
時の流れに任せるしかないのでしょうか?
日本人の『心』は思春期を迎える少女のようである。

0812art4
0812art3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2006

こどもの国

『私人として、公人として、、』コンナ屁理屈をまじめな顔して口にする人、

まじめな顔して聞く国民、、

やはり神の国か、それとも『こどもの国』、、

こどもの国でも税金は納めましょうね、、

0808art32
0808art12

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2006

落とし前

怒りの鋒先を自ら意図的に変更し続け、挙句の果てに自然消滅?
広島ヤクザも腑抜けになってしまった。

早く『落とし前』をつけるべきである。

やはり『三島由紀夫』の美学より、歴史的ヒットTV番組『おしん』の美学が今の日本人にはあっているらしい。

私が特に関心のある日本の『現代美術』を諸外国のそれと比べると違いがよくわかる。
日本の現代美術はダイレクトな感じ、正直な感じが無く、柔らかくて、絹に包まれたような感じである。
どことなく控えめ(『おしん』美学)な感じがする。
飲み物にたとえると『ミルクティー』である。
『ミルクティー』が腑抜けかどうかは判断できませんが、、

本来人間の表現はもっと外向きで、健康的な『感じ』のものである。
自分をごまかし内向きな美学、不健康的おしん美学ではエネルギーが萎えてしまいそのうち自然消滅する。
やはり健康が一番。
早く『靖国』とか『歴史認識』とか『原爆』等、現代日本の曖昧な核心部分に『落とし前』をつけて
『天真爛漫』な健康的精神状態(社会)にならなければいけない。

私の精神はずーと『レッド・ゾーン』に入りっぱなしである。

0805art1
0804art3
P1010559


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2006

『MADE IN USA』 part?

1945年8月6日、アメリカの原子爆弾によって完璧に去勢された日。

0806art7664

0806art1asd

0806tdkdoiu

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2006

リトル・ボーイと日本の幸せ

1945年8月6日、B29爆撃機から原子爆弾が日本に投下されました。

地球の歴史でもっとも残忍な行為が国家的に行われた日である。

戦後60年そろそろ人間の誇りを持てる国に、そういう方向に動き出したいものである。

歴代の総理大臣が時代遅れのアメリカ帝国主義国大統領の『ケツ』を舐めにいかなくても良い国に、、

0804art2

0730art24

0804art7

P10133194dsa3we098

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2006

特殊メイクセミナーの原型製作

P1013351
P1013352


シュウ特殊メイクアップセミナー受講生、自由な発想で原型製作を行っていますが
やはり人間を痛めつけるようなイメージが多いです。

特殊メイクでの表現のイメージが傷をつけるとかゾンビとかの印象が強いのか、
潜在的に人間を破壊させてしまいたいような願望があるのか?定かではありませんが、、
現実に起こる犯罪とある部分共通する心理だとも考えられる。

シュウ特殊メイクアップセミナー10月期受講生募集中!
Shu Special Make-up Seminar
http://homepage2.nifty.com/atelier-shu/


0731art2

もうすぐ人類史上最も最悪な『犯罪1945-8』が行われた命日が来ます。
永久に許されることの無い悪魔の仕業である。

0730art6320ok1a_1
0729art5a_1


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »