« June 2006 | Main | August 2006 »

July 30, 2006

昭和の風景画

いつまで描き続けることが出来るのだろうか?
あと3年は予定しているのだがその先がどうも自信が、、

それまでにアノ戦争、アノ爆弾を日本自身で総括する空気が湧き上がってくればよいのだが、
自民党では絶対ダメである。
総括も出来ない政党が『愛国心』という理念を持ち出してきましたが、
あまりにも論理性がなさ過ぎる。

国民を馬鹿にしているのか、それとも、、

もう少し考える『国』になればよいと思う。

0726art4ade
0729art3a
0729art76
0729art1a

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2006

風景画1945-8

私はコンナ風景画しか描けません。

0727art236
0727art4766as
0717art4er
0727art2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2006

『BlackRain』図屏風

1945年8月黒い雨が降りました。

0726art6okj
0726art4
0726art2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2006

日本の風景

現代日本の原風景

0725art8uy
0725art1a
0725art654
0725art3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2006

日本の灯り1945.8

広島、長崎ではあれ以来、一度も消えたことはありません。

0722nagasaki1
0722hirosima1
0722art1i

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2006

暑中お見舞い申し上げます

シュウ特殊メイクアップセミナーは新たに特殊造型コースを新設しました。
特殊メイクコース(6ヶ月)を終了してからさらに特殊造型を専門的に実習する内容になります。
Shu Special Make-up Seminar
http://homepage2.nifty.com/atelier-shu/

現在の日本にとっては昭和20年8月は最も重要な時点である。日本人自身で総括しなければならない8月である。

0720art3
0720art87
0720art984


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2006

拝啓アメリカ合衆国様 1945.8

今年の広島の夏は特別厳しい暑さです。
アノ年の夏も信じられないぐらいの熱さでたくさんの人が一瞬に亡くなられました。
熱の後遺症で現在も苦しんでおられる人がいます。
覚えていますか?

0718art2
0718art1
0718art3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2006

特殊メイクアップセミナーとつぶやき

今日の特殊メイクアップセミナー
原型製作の続き、、
指の先がツルツルになるまで頑張りました。
特殊メイクにおける原型際作はとても重要、メイクのできばえを大きく左右します。
プロを目指す人は一生かけて彫刻力の向上に精進していかなければなりません。

Shu Special Make-up Seminar
http://homepage2.nifty.com/atelier-shu/
10月期受講生募集中!

P1013302098nd

P1013300098dn4f


『靖国』の時が刻一刻と近づいてまいりますが
みなさまにおかれましてはいかがお過ごしでありましょうか?
0716art1ok

0714art7r8

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2006

Count down 『靖国』

何思う天然総理。

0712art4

0629art1jds

0602art3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2006

動物顔

シュウ特殊メイクセミナー
受講生による特殊メイクです。
獣顔の面々、十分楽しんで実習できたみたいです。

Shu Special Make-up Seminar
http://homepage2.nifty.com/atelier-shu/


10月期受講生募集中!

P10105031cxokj

P10105180oi8d

P1013252poi098


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »