« February 2006 | Main | April 2006 »

March 31, 2006

金閣寺

数年前から私の貧乏車にはジョン・レノンのCD以外置いてない。
通勤、移動の時は必ず彼の曲が流れています。

ジョン・レノンは一人の熱狂的ファンの銃弾に倒れました。
聞きながらいつも頭の片隅にこの事がちらついていて、
と同時に金閣寺が判を押したように浮かんでくる。
三島由紀夫の小説『金閣寺』のほうであるが。
本物の金閣寺は出身が京都という事もあり何度か見ているが小説とダブらせる事意外さほど
何も感じません。美しいと思った事は一度もありません、

三島小説の主人公は最後に『金閣を焼かねばならぬ』という想念にとりつかれ
実行してしまう。
頭の中にあるスゴーイ『美しい金閣寺』を守るために、

究極の行動なのか?

「焼かねばならぬ」とは、三島由紀夫さんは本当にステキである!


John1
John2
0331art3w

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 30, 2006

福沢諭吉

諭吉さんは『天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず』という有名な言葉を残されました。
時代は変わり世間は、額に汗して働いてもすぐ数えられるほどの諭吉さんしか得る事ができない階層と、
諭吉さんに一生懸命働いて頂き何日もかけないと数えられないほどの諭吉さんを効率良く得る階層に別れています。
将来はもっと加速して金融資本主義社会?(アメリカ風)に突き進みます。

NHKのある番組(去年)でのアンケート調査では確か応えた人の3分の2ぐらいはそういう社会を指示していました。
ある学者?が昔読んだ本の中で言っていました、『人間の本質は貨幣を考えついたことにある』と。
私には、遠い遠いむかし頭の良い誰かが貨幣(観念)を思いついたのでしょうが、なにがそうさせたのかイメージする事が出来ません。
以前スゴイ高視聴率の連続ドラマ『おしん』という番組がありました。
その番組の中で今も私の心に深く刻まれているその主人公の台詞があります。
名前は知りませんがその脚本家は天才だと思います。
『こらえてけろ』
なんてステキナ言葉でしょうか!
日本語独特のスタイリッシュな表現がとても美しい。
諭吉さんの言葉もステキであるが
もっとこちらの方がリアルな感じで『心』に染みわたります。

『こらえてけろ』

私の表現の原点である。

P1012837

0330a

03293kf

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2006

古き良きシュールリアリズム

美術予備校で浪人していたころシュルレアリズムの画家であるマックス・エルンストのサンゴ礁みたいな質感、鮮やかな色彩で描かれた絵画がとても好きでした。
内容よりもその絵画の物質性に惹かれていたと思います。現在もその傾向は変わっていないが、
世間ではマグリットやマン・レイの作品が良く知られていますが私自身はほとんど興味はありません。

わが国でもっともシュルレアリスムな存在と言えばやはり小泉総理(どうしても小泉総理の事が頭から離れません)ではないだろうか。
私的妄想と国家を背負った論理とが混同した彼のコトバはある意味気持ちよくマスコミから伝えられる。
天然なのか意図的なのか解りませんが、そのようなシュールレアリスム的言葉が国民に受けるのでしょう。

靖国参拝で外交がギクシャクしているにも拘らず、彼の天然的言葉は魅力を増すばかりである。

外交、それによる経済的側面とか、そして戦没者の魂の事をあげるなら先の戦争では民間人が相当死んでいるし、
南の戦場で相当数の兵隊が餓死してしまうような戦争(軍事的にはムチャクチャ)の責任は誰にあるのか
チャント総括(戦勝国が開いた軍事裁判ではなく)してから総理大臣として戦没者の魂の事を述べていただきたい。

おそらく彼は『総括』という言葉を知らないと思う、魅力的な懐かしいシュールレアリズムな存在だから。

0327art1kt7

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2006

続、仁義無き白黒コントラスト

もはや問答無用かな、、
0327wasi-art2
0327wasi-art4a
0327wasi-art3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2006

続白黒コントラスト

光と影の造形。美術的普遍性があるとするならばコレではないか?

P1012770-ik8hs-ok
P1012776-okmr-ok
P1012779-okks-ok

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2006

白黒コントラスト

またモノクロ造型はじめました。
金色に輝く時が来るだろうか?

P1012765-kt45d
P1012768-louz3qa
P1012764-korn6

| | Comments (0) | TrackBack (0)

上海 その2

パンダの国へパンダを製作して持っていくこと自体無謀な行為のような気がしました。
cid_a0001lk
0321shanghai3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2006

上海

仕事で上海に行ってきました。
車と高層ビルの多さに驚きです、このまま成長し続けるたら物凄いことになるのでしょうネ。
shanghai-1a
P1012730-oiu
P1012712-1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2006

メールで大騒ぎ

メールが偽モノで日本中大騒ぎ、偽者を国会に送り込もうとしたことはナゼ大騒ぎにならないのか?
P1012555-1a
0305art-tki
P1010370-2WX

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »