« September 2005 | Main | November 2005 »

October 30, 2005

日曜は特殊メイクでホラー気分?

P1010128
P1010134-1
ホラーブームである。
日曜は特殊メイクで遊びましょう。
メイクをして近くのコンビニに行ったり、電車に乗って映画を見に行ったりと、
とにかく街に出かけ遊びましょう。
だからといってそんなたいした意味はありませんが、、

誰でも簡単に特殊メイクを楽しめるよう特殊メイクセミナーを開催しています。

シュウ特殊メイクセミナー
Shu Special Make-up Seminar
http://homepage2.nifty.com/atelier-shu/

受講生のホラーメイクをみてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2005

SEXYファスナー 作品No1027

P1012066-1
P1012074-1a
ライフキャストにファスナーを絡めて『何が見えてくるか』楽しみである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2005

小泉靖国参拝問題

P1012017-1
P1012008-1a
わが国の総理大臣および報道(テレビニュース)はあえてこの問題の核心に触れず、総理の言葉をただテレビで流すだけにとどめ、そして中国、韓国の反応を流しているだけである。かなり意図的である。戦没者の魂をお参りに行くのは別に問題はないのだが、今の日本人にとっては魂の中にA 級戦犯とされた人がいることに納得できないのである。しかし国際的にはA級戦犯として裁かれた人がいることは歴史上事実である。あの時点でそれを認め日本としてまた復活出来たわけで、その歴史が間違いであると小泉総理以下国民の意思であるなら外務省が諸外国を回って確認を取りそれから堂々と参拝されたら良いと思うのですが、、
国民と報道が圧倒的に支持する総理大臣なのだから今こそ日本の将来のために外務省をもっと動かしたらよいと思います。
以前にも書きましたが、NHKは国民から受信料を取って番組を制作しているのだから、徳川だの源氏だのと過去のある側面だけのドラマばかり制作せず、今の日本の始まりを扱ったドラマを1年間放送して頂きたいと願っている。テレビにはかなりの影響力があるのだから客観的(国際的認識)事実に近い製作姿勢を期待している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2005

特殊メイクを楽しむ

03-0
semi1021
アトリエシュウが開催しているシュウ特殊メイクセミナー10月期コースが始まりました。
美容室で働いている人、ヘアーメイクの仕事をしている人イロイロですが肩肘張らず気楽に特殊メイクを楽しみながら実習していくことに重点を置いています。
映画、テレビでしか見ることのない特殊メイクを実際自分の手でやることは絵を描いたり、陶芸をやったりすることと同じでモノづくりを楽しむ貴重な時間だと考えています。
左の画像は私の初期の特殊メイク作品で右画像は10月期セミナー受講生の作品です。

Shu Special Make-up Seminar
http://homepage2.nifty.com/atelier-shu/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2005

小泉総理ご乱心

P1011970-1
P1012003-1
小泉総理はイラク問題で国益というコトバを使い
今、アジアの中で国益を考えなければならない時
ナゼ?お参りにいくのだろう?
国際的に戦犯とされている魂をナゼお参りするのだろう。
私人としてとか何とか言ってるみたいですが
小学生のような屁理屈をのたまって、
もう訳がわかりません。

そんな総理はナゼ?圧倒的に国民に支持されるのでしょう。
お昼のFM放送の中でこの話題に触れ、電話でのアンケート調査 によると
調査人数の48%が参拝に支持をしているとの事ですが
この結果も理解できません。

感情論ではなく、理論的正当性を語っていただきたいと以前から望んでいますが、
未だ見たことも聞いたこともありません。

戦犯にされた人、戦犯をのがれ後に権力の中枢に登りつめた人、
イロイロ矛盾がありますが、
あの時点であの裁判を承諾して国として国際的に復帰し現在に至っているのではないか。

どこかの国の将軍様も国民に支持されているようですが、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2005

アメリカ問題

P1011725-1
0920misa-ao
先日深夜のテレビでベトナム戦争当時、アメリカ軍が空から撒き散らした枯葉剤の番組を放送していました。
確か315tものダイオキシンを空から撒いたとの事、その枯葉剤7gだか70gだかでニューヨークのほとんどの人を殺せるとの事でした。そんな物をアメリカ軍は毎日毎日、空からまいたというのです。現在そのダイオキシンの影響で体がぼろぼろになって生きている人が多数いて、またその人たちの子供にその影響が出ていて、その人たち、子供たちの映像はとても厳しいものでした。
広島、長崎で原子爆弾を使用し、ベトナムで化学兵器を使用し、イラクで劣化ウラン弾を使用したアメリカは正義を唱えながらこの地球上で何でもやりたい放題です。超大国アメリカは何でもアリです。そんな国の軍隊にお金を出して私たちは平和に生きています。
わが国の政権も国益という事で支持したイラク攻撃、そのイラクの核兵器、生物化学兵器はまだ見つかっておりません。
イランイラク戦争当時イラクにアメリカが製造方法を教えて製造させた毒ガス兵器の残骸はすぐ見つかったことはニュースで見ましたが、、

何でもありの力強いアメリカに守られて平和に生活できていることにとても幸せを感じています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2005

神風は吹くのか?

0507misa-asi
mic-8a
日本の製造業に神風は吹くのか?
社会はモノづくりの文化(日本の得意とする文化)の価値を考えているのだろうか?
欧米から見た日本文化だけに価値があるかのように考えてはいないだろうか?
そんなものは観光客相手のお土産に過ぎない。
お土産もの的文化だけが日本の文化ではない。
グローバルスタンダードだか何だか知らないが、金融資本の活動だけが経済のような風潮になりつつある。
モノとモノのやり取りも経済活動であり、基本ではないのか?
自民党はあの有名なホリエモンを改革における成功者として国会議員にしようとしました。
選挙前アル議員は講演のなかで、ホリエモンのことを小泉改革の申し子だとか何とか訳のわからないことを言っていました。
アメリカの言いなりの現政権を大多数の国民は支持しているが、
アメリカのグローバルスタンダード的経済活動の方向でモノづくりの価値、生活に未来はあるのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2005

ライフキャストアート ファスナー篇

P1011833-1
P1011835-1
ファスナーを見ているといろんな想像が膨らみます。金属の冷たさとその奥の想像の部分が合わさってなんともいえないエロスを感じてしまいます。

こんな想像は私だけでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2005

特殊メイクの準備

P1011898-1q
P1011897-lkh
特殊メイクにおいては原型製作がとても重要である。
原型製作とは彫刻のことで、メイクのことであるにもかかわらず美術の事柄である。
特殊メイクの基本は美術の世界を目指す人がマスターすることにとても似ていて
写実的な描写力である。
日本の特殊メイクの現状はそこの部分、一番重要な部分が抜け落ちているのではないでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »