February 24, 2014

ユリ

ゾンビとユリ@atelier shu
0224artok1

枯れた(頽廃の)ユリを生ける
0224img_59ok46


| | Comments (0)

February 23, 2014

オブジェで植物を育てる事

Life Cast Art by Shu Konishi

2013年8月『名もなき花たちへ』@マキイマサルファインアート(浅草橋)

人体の持つリアリティーが時に、インモラルなエロティシズムを想起させるのだが、
これは生命の根源を象徴する形なのだ。
鑑賞作品としての資質はもとより、それを使って「育てる」ことによって、喜びに至る事が出来れば、それは真の到達点と言えよう。
作品とより濃密な時を過ごすための唯一の方法は所有して使うことだ。
見せかけだけの美しさを超えた真のフェティシズムと自然への情念は、この作品に内在する真の魅力であり表現のありかたである。
(RECTO VERSO GALLERY様の紹介文より引用)

0805art3ok

Dsc_4638ok

0805art7653ok_2

0805art876ok33

ライフキャストアート作品をYahooオークションに出品しております。
出品中の商品はこちら


| | Comments (0)

浮遊する被膜

Life Cast Art by Shu Konishi
通常の撮影の作品印象を変えてみたく思い、背景を変えて撮影しました。
合成画像ではありません。

浮遊する被膜@atelier shu
0223art43ok87


Art0220okg


0223artok7d

ライフキャストアート作品をオークションに出品しております。
出品中の商品はこちら

| | Comments (0)

多層構造としての生体、もしくはマチエール

Life Cast Art by Shu Konishi

Face@atelier shu
18f0be26


3ce6bc0c


371258_2050897469_115large

ライフキャストアート作品をyahooオークションにて販売しております。
出品中の商品はこちら

| | Comments (0)

February 21, 2014

moonlight 0221

Life cast art by Shu Konishi

Moonlight@atelier shu
Image


Image_2

ライフキャストアート作品をYahooオークションにて販売しております。
出品中の商品はこちら


| | Comments (0)

February 15, 2014

2月15日 ライフキャストアート

Life Cast Art by Shu Konishi

不条理としてのライフキャスト@atelier shu
E58699e79c9f4


E58699e79c9f


出品中の商品はこちら

| | Comments (0)

February 14, 2014

反美学の造形0213

Life Cast Art by Shu konishi

反美学的造形
0213_ok9


| | Comments (0)

February 09, 2014

部分

Life Cast Art by Shu Konishi

Kaki(花器)部分『名もなき花たちへ』2013-6@RECTO VERSO GALLERY

Dmisasc_4115


| | Comments (0)

February 08, 2014

@RECTO VERSO GALLERY 2013-6『名もなき花たちへ』

Life Cast Art by Shu Konishi

人体の持つリアリティーが時に、インモラルなエロティシズムを想起させるのだが、
これは生命の根源を象徴する形なのだ。
鑑賞作品としての資質はもとより、それを使って「育てる」ことによって、喜びに至る事が出来れば、それは真の到達点と言えよう。
作品とより濃密な時を過ごすための唯一の方法は所有して使うことだ。
見せかけだけの美しさを超えた真のフェティシズムと自然への情念は、この作品に内在する真の魅力であり表現のありかたである。
(RECTO VERSO GALLERY様の紹介文より引用)

2013-6個展@RECTO VERSO GALLERY
02080rect4088


0202ryobi1

| | Comments (0)

2月8日 花器@2013-6『名もなき花たちへ』@RECTO VERSO GALLERY

Life Cast Art by Shu Konishi

人体の持つリアリティーが時に、インモラルなエロティシズムを想起させるのだが、
これは生命の根源を象徴する形なのだ。
鑑賞作品としての資質はもとより、それを使って「育てる」ことによって、喜びに至る事が出来れば、それは真の到達点と言えよう。
作品とより濃密な時を過ごすための唯一の方法は所有して使うことだ。
見せかけだけの美しさを超えた真のフェティシズムと自然への情念は、この作品に内在する真の魅力であり表現のありかたである。
(RECTO VERSO GALLERY様の紹介文より引用)

0207sfs55

| | Comments (0)

«倒錯の花入2014−2